トップ

耳鳴りと精神の関係

精神が耳鳴りと関係する

耳鳴りと精神的な関係とは

耳鳴りは、色々な原因で引き起こります。もちろん、耳の病気などで耳鳴りが起こることもあるのですが、この他にもストレスが原因になっていることも少なくありません。

耳鳴りを改善したいならこちら。

ストレスには、身体的なものや精神的なものなど色々あります。身近なもので言えば、天候の良し悪しなども場合によってはストレスになりますし、ウィルスやタバコ、不快な音や光などもストレスになると言って良いでしょう。

また、複雑な人間関係に心を傷めたり、理想と現実とのギャップに強いストレスを感じている方も、今の時代は少なくないかと思います。こういったことの積み重ねも、耳鳴りに関係している可能性があるのです。

では、どうしてストレスを受けると耳鳴りが起こってしまうのでしょうか?普段私たちの体は、心臓を動かそうとか食べたものを消化しようとか考えなくても、それがスムーズに行われています。

それは、「自律神経」の働きによるものです。自律神経には、活動的な時に優位になる「交感神経」と反対にのんびりとしている時に活発になる「副交感神経」があります。この両方が理想的な状態でキープされていると、私たちの体も心も良い状態でいられます。ところが、このバランスが崩れると身体のあちこちに不調が出てきてしまうのです。

自律神経のバランスを崩す原因の一つがストレス。ストレスを受けると交感神経ばかりが優位になり、その結果血圧が上昇します。この状態が続くと、肩こりやめまいなどの不快な症状の他、耳鳴りが起こったりするのです。中には、耳鳴り自体がストレスになり症状が益々悪化するというパターンも見られます。また、うつ病になってしまうほど耳鳴りが酷くなる方もいらっしゃいますし、反対にうつ病から耳鳴りが起こる方も少なくありません。

ストレスによる耳鳴りを防ぐためには、上手に気持ちを切り替えるコツをつかんだり、ストレッチを取り入れるなどして、できるだけ身体を良い状態に保つことが大切です。