• トップ

葬儀会場の場所の決め方とは

人の死というのはある日突然やってきます。悲しんでいる時間もなく、やらなくてはいけないことがたくさんあり、葬儀会場の場所選びもその一つです。故人の希望がある場合は別ですが、一般的には参列者の人数、費用、アクセスの良い場所にあるかなどの面を考慮して、葬儀会場を決めていきます。会場にはどのような種類と特徴があるか見ていきましょう。公営斎場は市区町村が運営しており、基本的にはその地域に住んでいる人しか利用することができません。費用が安く、火葬場も併設していることが多い為、移動が大変な高齢者への負担が少なく、人気があります。これに対して民間斎場は、葬儀社や寺院が所有している斎場のことです。費用は公営斎場より高くなりますが、立地面や設備面で便利なところが多いのが魅力です。また自宅葬というものもあります。長年暮らした我が家という場所でゆっくりと見送ることができるということで、人気が高まっています。葬儀を行うスペースを空ける必要がありますが、会場の費用がかからないので、比較的安く済ませることができます。また葬儀をお願いするスタッフの対応も大切です。わかりやすい説明をしてくれるか、こちらの質問にしっかり答えてくれるかなどを確認しましょう。大切な人との最期の後悔しないお別れをするためにも、事前に勉強しておくことをおすすめします。

葬儀の深い情報

新着情報

↑PAGE TOP