• トップ /
  • 葬儀会場を借りた場合の費用

葬儀費用とその会場費の関係

お葬式を行う場合、日本消費者協会の2010年のアンケートのよりますと、平均約189万円かかっています。それを個別にみてゆきますと、葬儀一式にかかる費用が、約122万円、参列者への返礼品と飲食費が約34万円、お寺への費用が約45万円と発表されています。葬儀を行う場合、お葬式のセット料金と言うのがありますが、これには各葬祭会社によって含まれているものがちがいます。お葬式の会場費もその一つで、自宅葬でしたら当然この費用は要りませんが、どこかで、借りた場合当然会場費が必要となってきます。葬儀社でお葬式を行う場合は、葬祭会社の会館の中のホールを使用するわけですから、お葬式一式の費用の中に斎場使用料は含まれており、意識する事もあまりないと思います。別途斎場を借りた場合の金額は、社葬用の広い会場の場合は100万円を越しますが、普通の一般葬の場合は5万円から10万円以内です。そして、この場合は、会場費が葬儀一式の費用に含まれないことに注意しましょう。その場合適正な広さの会場を借りることが大切になってきます。空きペースが多いと、見栄えを良くするために花祭壇を大きくしたり、供花の数を増やしたりして、金額が高くなるので、最初に広さが広くならないように注意をしましょう。

↑PAGE TOP